基礎養成6回コース
【NEW】お試し版
添削3回集中コース
公募対策1回コース
講師と創る小説コース
     
カートの中身を見る

» カートの中身を見る

講師募集のお知らせ

リンク
講師からのお知らせ
WEB公募ガイド

基礎養成6回コース 50歳から始める小説講座 【初級者向け★/受講料金28,000円】


楽しんで書きたい人に手とり足とり 50歳から始める小説講座

● 講師のご紹介


講師・永井義男

永井義男(ながい・よしお)


1949年、福岡県に生まれる。1997年、『算学奇人伝』で第6回開高健賞を受賞し、本格的な作家活動に入る。著書に『死人は語る 蘭方医 長崎浩斎』『二人の兵法 孫子』『春画と書入れから見る吉原と江戸風俗』などがある。






資料請求 お申し込み


● 講座内容


小説を書く時間がとれるようになり、これから楽しんで書いていきたいという人に、基礎の基礎からお教えします。褒めて伸ばすをモットーとした趣味派のための講座です。




課程1 書く前に……押さえておくべき基本


課題:自分が構想している、あるいは書きたいと思っている小説の冒頭部分を書く。規定枚数は原稿用紙5枚以内。



課程2 どう書くか……人称と視点


課題:自分が構想している、あるいは書きたいと思っている小説のある場面を書く。規定枚数は原稿用紙5枚以内。



課程3 どう書くか……明快な文章と的確な描写


課題:自分が構想している、あるいは書きたいと思っている小説のある場面を想定し、人物、風景、部屋の様子などを描写する。規定枚数は原稿用紙5枚以内。



課程4 面白いストーリーの作り方


課題:「初めての体験」をテーマに短篇小説を書く。規定枚数は原稿用紙10枚。



課程5 登場人物の造形、描写にリアリティーを


課題:「一線を越えたとき」をテーマに短篇小説を書く。規定枚数は原稿用紙10枚。



課程6 生き生きとした会話と描写を


課題:「逆転」をテーマに短篇小説を書く。規定枚数は原稿用紙20枚。




● 受講規定


受講の流れ



【1】お申し込み後1週間以内に全6回分のテキスト(課題付き)をお送りいたします。

【2】テキストで学び、課題をご提出ください。

【3】3〜4週間で課題と講評をご返送いたします。

【4】次の課題をご提出ください。

【5】第6回の課題と講評が戻ってきたら修了です。修了証を進呈いたします。



受講期間


1年間

※月2回、第1と第3水曜日が提出日となります。詳細はこちらをご覧ください。



受講料金


31,000円
  ↓

28,000円(テキスト代込み/全6回)
※受講料には、テキスト費、添削費、消費税、テキストの送料が含まれています。受講料以外では、課題提出の際の送料のみご負担いただいております。





お申し込み
 ※「1」のままにしてください。

この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける